HOT ROAD TRIP

About
Harley-Davidson Road Glide FLTRX
ハーレーダビッドソン ロードグライド
Rock Band “66(ロクロク)”


Tag Clouds

Recent posts

Loading...

80年代のROCKをリアルタイムで聴いた世代にとっては、大興奮の映画。

image


Blu-ray&DVDセットがamazonで安かったので購入。

image

ストーリーに合わせたマッシュアップメドレーありの名曲のオンパレード。
曲自体はこの映画用に録りおろしで、出演者が歌っていて迫力満点。



Harley Davidsonもチラリと登場。

元はブロードウェイのロックミュージカル

昨年末。
交通船で行く“工場夜景探検ツアー”に参加したが、

海上からではなく、地上から探検できるポイントに行ってみた。

貨物ヤードが雰囲気を醸し出している。

地上からだと、工場背景にバイク撮影も。

船上ではないので揺れないから夜景でもばっちり撮れそう。

春になったら夜景撮影にでも行ってみよう。

ビヨンセに学ぶリスクマネジメント。


1.Respond quickly.

2.Be authentic and genuine in your response.

3.If you’ve done wrong, admit fault.

4.If your credibility has been called into question, find ways to quickly re-establish it.


先日行われた第47回SUPER BOWL。
ビヨンセはそのハーフタイムショーでパフォーマンスを演じたわけだが、
それに先立つ記者会見の席で自身にふりかかっていたネガティブなイメージを払拭した。

バラク・オバマ米大統領の2期目の就任式でアメリカ国歌を歌ったが、
その件で口パク疑惑が報じられていた。

記者会見の席でビヨンセがとった行動とは。

ビヨンセは集まった取材陣の前に登場すると、質問を受ける前に、
その場でアメリカ国歌をアカペラで熱唱してみせた。

そして、大統領就任式での口パクについても理由を述べて認めた。
天候や遅延の問題、サウンドチェックが不十分であったこと等の理由から、
リスクを冒すような気にはなれなかったとのことだ。

元記事
Inc.

という危機管理のお話。

大雪にみまわれた14日。

その前日にツーリング。
10°を超える気温で、風もなく冬にしては快適なツーリング日和。
1日違っていたらそりゃもう走れない。



ショベルからEVO、TCまで多種多様な年代と形式のバイクが集合。

目的地は、千葉県九十九里の漁師料理「ばんや」。



「ばんや天丼」を注文。超特大ボリューム。



完食できません!

SoundCloudというサービスに楽曲をUPしてみた。

こんなふうに波形付きでビジュアル表現される。





SoundCloudとは?
image

  • 音楽のアップロードやダウンロード、シェアができる、
    ソーシャル·サウンド·プラットフォーム。


SoundCloudでできること

  1. 音源ファイルのアップロード(無料アカウントは120分まで)
  2. リアルタイム録音でアップロード
  3. 音源のダウンロード
  4. ソーシャルメディアや自分のブログなどにWidgetsを埋め込み
  5. ソーシャルメディアなどに簡単にシェア
  6. 好きなミュージシャンやユーザーのフォロー
  7. ソーシャルメディアなどに簡単にシェア
  8. スマートフォンアプリでモバイルでも


音楽プレイヤーとして
image

コミュニティとして
image

Webコンテンツとして
image

アプリで
image

プロミュージシャンも配信中
image

image

image

という便利なサービスのお話。

まずはココから

なぜ、tumblrなのか。

image


昨年元日から始めたtumblr。
1年間使ってみて思ったこと。

  1. デザインや投稿の仕方など、非常に自由度が高い。
  2. 写真のアップロード可能容量が大きいので気にせずアップできる。
    (1コンテンツあたり10MB以下。1日あたり75枚まで。制限は翌日リセットされる)
  3. 広告が一切表示されないのでうっとうしくない。
  4. いろいろ新しいカスタマイズにトライできる。
  5. メインテナンスで使えなくなることはほぼない。



そもそもtumblrとは?

テキスト、画像、引用、リンク、音声、動画の投稿が可能で、
テーマ(デザインテンプレート)のカスタマイズやHTML編集もできる。
また、Twitterのフォローのように、tumblr内の他の人のブログをフォローすることができる。

image

image

シンプルなのに非常に自由で奥が深いサービスである。
日本語にも対応。管理画面も日本語表記可能。


こんな人はtumblrだと幸せになれるかも

  1. デザインにこだわりたい
  2. オリジナルのデザインにしたい
  3. 大きな写真を投稿したい
  4. 写真の見せ方にこだわりたい
  5. 動画を投稿したい
  6. ソーシャルメディアと連携したい
  7. 複数のブログをまとめて管理したい
  8. 複数人で管理したい
  9. いろんな情報をスクラップしたい
  10. 投稿した情報を共有したい
  11. オリジナルドメインを使用したい
  12. 携帯・スマホから投稿したい
  13. 携帯・スマホから閲覧したい
  14. HTMLを編集してつくりたい
  15. 広告を表示したくない



上記に対する回答

  1. デザインテーマが豊富(有料・無料あり)
  2. オリジナルテーマをつくることができる。配布もできる
  3. 上限は幅500ピクセル、高さ750ピクセル
    拡大画像適用で幅1280ピクセル、高さ1920ピクセルまで可能
  4. 写真表示にこだわったデザインテーマも豊富。Photosetも使える
  5. 動画の投稿やYouTube,Vimeoなどのリンクも簡単設置
  6. Facebook,Twitterなどの投稿連携も可能
  7. 複数のブログをつくって管理することができる
  8. 追加で作成したブログは複数アカウントで管理できる
  9. フォローしたブログの投稿が、自分のダッシュボードに表示される
  10. フォロワーのダッシュボードに、自分の投稿が表示される
  11. オリジナルドメインが使用できる
  12. スマホアプリで簡単投稿。メールからも投稿可能。電話で音声投稿も可能
  13. スマホアプリが使いやすい
  14. デザインや投稿のHTML編集ができる
  15. 広告が表示されない



一見、tumblrは分かりにくそうだが、ポイントは大きく3つ。
この3つを理解すれば実にシンプルで簡単。

ポイント1
▼ダッシュボード

  • 自分がフォローしているブログの投稿履歴がスクラップブックのように表示されるページ
    (tumblrでは自分のアカウントのホームとして設定される)


image


ポイント2
▼ブログ

  • 自分で設置したブログページ
    (ダッシュボードとは個別に自分の投稿ブログとして設定される)

私の場合、気になった記事などのリンク貼り付けなどの備忘録用の
ブログ(tumblr上でデフォルト設定されるブログ)と、
記事投稿用の追加ブログ(本ブログ)を2つのブログを管理して使い分けている。

image


image


ポイント3
▼カスタマイズ

  • テーマのカスタマイズが可能(HTML,CSS編集が可能)
  • 様々な外部サービスや機能の設置が可能(Disqusタグクラウドなど)
  • テーマによってはカスタマイズ画面で該当サービスのアカウント名記入だけで簡単に
    連携できる
  • カスタマイズしたテーマをリカバリーできる


image


*本記事の画像は、tumblrのプレスキットのものを使用

tumblrについて
tumblrテーマについて

まずはココから。

久しぶりに重厚かつ粋で痛快感のある、内容の濃い時代劇を観た。



『御鑓拝借〜酔いどれ小籐次留書〜』

大河ドラマのように冗長でお遊戯のようなものでなく、
キャスティングも絶妙で、約90分の短い時間にみごとに凝縮。

桃太郎侍が出ると場面が締まる。

中山道馬籠宿

TumblrのPhotosetを利用して投稿してみた。

The Black Keys 「El Camino」

image

今年聴いた中で、一番のアルバム。

最高のギターリフ。

60年代テイストのある、サイケ調なガレージロック。
どこかなつかしくもあり、あたらしくもある不思議なサウンド。

プロモーションビデオに登場するおじちゃんのノリノリ感が微笑ましい。


ところで、El Caminoといえば、

image

Chevrolet El Camino。

実にアメリカン。

ディーラー企画のツーリング。
今年最後のツーリングということで、久しぶりに参加。

目的地は漁師料理「かなや」。

11:00到着。
13:00出発でそれまで各自自由行動ということで、
4人で、近くの竹岡ラーメン「梅乃家」に抜け駆け。



チャーシューメン大盛りトッピングのせ注文。
絶品のチャーシューだったのに、半端ない量で完食できず。

かなやに戻って、集合写真。

内房なぎさラインを通って、アクアラインへ。







海ほたるで解散。